トップ
大学案内

ホバーアロー

武蔵の学び

ホバーアロー

トップ 入試情報 2019年度一般入試について

2020-03-07
カテゴリトップ>オーディオ>テレビ用ホームシアター機器>AVアンプ
RX-A880(H) ヤマハ 7.1chネットワーク対応 AVアンプ(チタン) YAMAHA《AVENTAGE》
【返品種別A】
□「返品種別」について詳しくはこちら
2018年05月 発売

メーカー保証期間 5年





★フルディスクリート構成7.1ch低歪パワーアンプやD.O.P.G.(DAC on Pure Ground)コンセプト、アンチレゾナンステクノロジーを導入した制振設計などAVENTAGE基準の高音質設計を踏襲し、3次元サラウンドフォーマットのDolby AtmosおよびDTS:Xに対応したデコーダーも搭載した「AVENTAGE」シリーズのデュアル7.1chネットワークAVレシーバーです。

◆フルディスクリート構成7ch低歪パワーアンプなどAVENTAGE基準の高音質設計
−「AVENTAGE」の上級シリーズと共通の基本設計による定格出力130W/chのフルディスクリート構成7ch低歪パワーアンプ
−オーディオ入力部とD/Aコンバーター部の電位差を解消して微小信号の再生品位を高めるD.O.P.G.(DAC on Pure Ground)コンセプト
−デジタル系/映像系/表示系をアナログオーディオ系から独立させた4回路分離パワーサプライ
−独自のアンチレゾナンステクノロジーを導入した制振設計
−バーブラウン384kHz/32bit D/Aコンバーター、ローム社と共同開発したヤマハオリジナルの高精度ボリューム素子やルビコン社と共同開発したヤマハオリジナルのPMLコンデンサーなどの採用により、高い解像度と、明瞭で自然な音の表現力を獲得

◆「Dolby Atmos」&「DTS:X」対応デコーダーを搭載
−Dolby AtmosとDTS:X、ふたつの3次元サラウンドフォーマットに対応したサラウンドデコーダーを搭載
−個々の音を、頭上を含めた室内のあらゆる位置に定位または移動させ、3次元的な音響空間を創り上げることのできるこの技術への対応により、リアルな包囲感や移動感を家庭のシアタールームで実現

◆DSD 11.2MHz&WAV/AIFF 192kHz/32bitもサポートするハイレゾ再生や「Deezer HiFi」対応など、さらに充実したネットワーク周辺機能
−ハイレゾ音楽再生はDSD 11.2MHz、WAV/AIFF 192kHz/32bit、FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bitを幅広くサポート
−約3600万曲をCD相当の高音質でストリーミング聴取できる高品位音楽配信サービス「Deezer HiFi」、IPサイマルラジオ配信サービス「radiko.jp」に対応したほか、音楽配信サービス「Spotify」のストリーミング聴取も可能
−内蔵Wi-Fiは5GHz帯/2.4GHz帯に対応し、外部機器との接続時に音声の遅延を抑えて快適なワイヤレス音楽再生を実現

◆HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングに対応したHDMI端子
−HDR映像伝送やBT.2020映像伝送、HDCP2.2、4K/60p 4:4:4 映像信号のパススルー/4Kアップスケーリングに対応する7入力/2出力のHDMI端子を装備
−映像の色域とダイナミックレンジを大幅に拡大して華やかな色彩や豊かなディテールを再現する高画質化技術「Dolby Vision」
−放送局が推奨するHDR方式「Hybrid Log-Gamma」

◆独自のシネマDSPとデュアル7.1chシステム、YPAO-R.S.C.などにより、設置環境にかかわらず圧倒的な臨場感を実現
−独自のデュアル7.1chシステムが可能にする多彩なサラウンド再生
−シネマDSPの効果を最大限に引き出す視聴環境最適化システム「YPAO」

◆Bluetooth 4.2規格に準拠したAAC対応Bluetoothオーディオ受信機能と、音を豊かにするミュージックエンハンサー
−スマートフォンやタブレットなど外部機器の音声を、遅延を抑えて快適に聴けるようになりました。
−音声コーデックは標準のSBCのほか高音質のAACフォーマットにも対応しており、Bluetoothの圧縮音声をより魅力的なサウンドで蘇らせます。
◆その他の特長・機能
−フロントUSB&アナログ音声入力端子
−YPAOの計測結果に基づいて音場効果を最適化し、よりリアルなシアターサウンドを再現するDSPエフェクトノーマライゼーション
−サラウンドスピーカーを含む5.1chスピーカーすべてをフロント側に設置して5.1chサラウンドが楽しめるバーチャルシネマフロント
−セリフの位置(高さ)と音量を単独で調整できるダイアログリフト&レベル調整
−メインスピーカーにコンパクトスピーカーを使用する場合やサブウーファーなしのシステムでも力強く躍動感のある低音を再現するExtra Bass
−再生音量に応じてDSP効果を自動調整し、常に最適な臨場感が得られるA-DSP技術
−入力ソースやボリューム位置に合わせてダイナミックレンジを自動調整し、小音量再生時にも明瞭なサウンドが楽しめるA-DRC技術
−40局プリセット対応ワイドFM/AMチューナー
−よく使う映像ソースや音場プログラムの組み合わせを呼び出したり、テレビやレコーダーを連動して起動できるSCENEボタン
−本機の配線・設定作業をサポートする専用アプリ「AV SETUP GUIDE」対応
−HDMI接続した他社製テレビ/レコーダーとの連動を実現するリンク機能
−ヘルプキーの装備などにより直感的な操作・設定を実現する新デザインのワイヤレスリモコンを付属
−ECOモード、オートスタンバイ機能などにより業界最高水準の省電力を実現

■ 仕 様 ■

  • 定格出力
     −20Hz-20kHz、2ch駆動:100W/ch(6Ω、0.06%THD)
     −1kHz、1ch駆動:130W/ch(6Ω、0.9%THD)
  • 内蔵パワーアンプ数:7
  • 音声入力端子
     −アナログ:5系統:ステレオRCA 4(Phono入力含む)、ステレオミニ1
     −デジタル:4系統:光2、同軸2
     −その他:2系統:USB 1、ネットワーク(Ethernet)1
  • 映像入力端子:2系統:コンポーネント1、コンポジット1
  • 音声出力端子
     −スピーカー出力:7ch(フロントL/R、センター、サラウンドL/R、サラウンドバックL/R 〔Bi-AMP、Zone2兼用〕、フロントプレゼンス 〔Zone2兼用〕)
     −PRE OUT:7.1ch (サブウーファーはMONO×2)
     −その他:ヘッドホン1、ZONE 2 OUT 1
  • HDMI端子 入力/出力:7入力/2出力(HDCP2.2に対応)
  • HDMIパススルー:4K/60p 4:4:4、BT.2020、HDR(HDR10、Dolby VisionTM、Hybrid Log-Gamma)
  • シネマDSPプログラム数:17
  • オブジェクトオーディオ対応:Dolby Atmos/DTS:X対応
  • Bluetooth:Ver.4.2、A2DP/AVRCP、SBC/AAC
  • ネットワーク関連機能
     −Wi-Fi:(2.4GHz/5GHz IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠) ※IEEE802.11acは20MHzチャンネル帯域幅のみ
     −対応音声フォーマット(USB、サーバー):DSD 11.2Mz、Apple Lossless 96kHz/24bit、WAV/AIFF 192kHz/32bit(32bit floatファイルは非対応)、FLAC 192kHz/24bit、MP3/WMA/MPEG4-AAC 48kHz/24bit
  •  −その他:ギャップレス再生、AirPlay、MusicCast機能、ストリーミングサービス(radiko、Spotify Connect、Deezer HiFi対応)
  • チューナー:AM/FM(ワイドFM対応)
  • アプリ操作:AV CONTROLLER/MusicCast CONTROLLER
  • 消費電力:360W
  • 待機時消費電力:0.1W( HDMIコントロールOFF/スタンバイスルーOFF時)、2.0W(ネットワークスタンバイON/HDMIコントロールON/スタンバイスルーON時)
  • 寸法(幅×高さ×奥行):435W×171H×382D mm(Wi-Fiアンテナ直立時:435W×248H×382D mm)
  • 質量:11.0kg
  • 付属品:リモコン、単4 乾電池(2本)、AM アンテナ、FM アンテナ、YPAO用マイク、電源コード、取扱説明書、スタートアップガイド

[RXA880H]

YAMAHA


(※この説明文はの記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

オーディオ>テレビ用ホームシアター機器>AVアンプ

検索結果

前のページに戻る

ajax-loader-2

お気軽に
お問い合わせください
武蔵大学入試課
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
0359843715